排水管と給水管とは?水漏れを防ぐ修理とは

お風呂やキッチン、トイレなど様々なところで使われた水は排水管を通って下水に流されます。しかし、管が劣化したり詰まっていると水漏れを起こしたり逆流することがあります。突然床が水浸しになってしまうとその後の掃除も大変です。日頃から手入れをきちんと行い、異変があればすぐに対処しましょう。それでもどうにもならない場合には工事が必要になることもあります。

■排水管と給水管

水道設備には家庭の蛇口に繋がり、水を出す役割のある給水管と使用した水を下水に流す排水管が通っています。給水管は水を使用する時にすぐに使えるよう、高圧状態になっていますが、排水管は水が使用されると上から下へそのまま流れるように配置されているため圧はかけられていません。そのため、給水管で水漏れを起きるとものすごい勢いで水が漏れ出てきますが、排水管では勢いよく水が出るようなことはほとんどありません。しかし、詰まりやすいために気をつけないと流した水が逆流してくることがあります。

■排水管の水漏れを防ぐ修理

排水管は水を上から下へと流す仕組みになっています。そのため、管の中に異物が詰まってしまうと流れが悪くなります。キッチンやお風呂の排水管は定期的に洗浄を行ったり、髪の毛や油汚れなどをできるだけ流さないようにするという処置をすることで長く排水管を使うことができます。




■まとめ
排水管は詰まってしまうことで水漏れや逆流を起こすことがあります。普段のメンテナンスも大切ですが、どうにもできなくなったら水道工事を専門に行う業者へ修理を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ