給湯器の水漏れ修理はできる?交換となるケースも

給湯器は毎日使う、家の中でも重要な場所です。万が一水漏れが起きてしまった場合、原因や対処法を知らないと焦ってしまいます。給湯器が故障してしまうと、お湯が使えず入浴できなくなってしまうため、早めに連絡して業者へ修理依頼を行いましょう。

■給湯器の修理は業者へ依頼

給湯器には、水の他に電気やガスが使用されているため、自分で修理を行うことは危険です。また、水漏れをそのまま放置することも感電や火災などのリスクがあるため、早急に修理を行わなければなりません。特に寒冷地では冬場に給湯器を長期間使用していなかった場合、内部が凍結してしまい破損することも考えられます。このような場合も必ず業者へ修理を依頼しましょう。

■給湯器 交換が必要な場合

基本的に給湯器は修理可能であることが多いですが、使用開始から長期間経過している場合は、修理ではなく給湯器 交換を勧められることもあります。一般的に給湯器の耐用年数は10年程度が目安となっているため、長く使用していた場合は修理をして使い続けるよりも、新品へ交換する方が省エネ性能が上がっていることなどから、結果的に安く済むこともあります。


■まとめ
給湯器からの水漏れは放置しておくと生活が不便であるばかりか危険性も高まるため、なるべく早く修理業者へ問い合わせをしましょう。もし水漏れの勢いが強ければ、止水栓や元栓を締めると水を一時的に止めることができるため、落ち着いて対処できます。また、水漏れ以外にも温度調整がうまくいかない、給湯器から異常な音や臭いがするといった場合も早めの修理が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ