水道 修理で起こる水漏れ対策

もしかしたら水道 修理などから水漏れが起きているかもしれない、でも修理業者を呼んでいいのかわからないと困ってしまう状況があるかもしれません。水道は私たちの生活に欠かせないものではありますが、トラブルが起きてしまうと家に大きなダメージを与えかねないものです。これは水漏れかもしれないと思ったら、まずは自分でできる範囲で調べてみましょう。

■床が濡れているから水漏れとは限らない

気がついたら床のある箇所がびっしょりと濡れている、という時に排水管などからの水漏れではないかと心配してしまいますが、床が濡れているからといって必ずしもそうとは限りません。寒い日や雨の日などに多く見られるのが結露です。湿度が高いと感じたり、室内外で気温差がある場合にはまず結露ではないか疑ってみましょう。その他にもポットや加湿器の故障によってその機器の周辺が濡れるということもあります。


■水漏れか確認、修理するには

水漏れが起きていないか確認する確実な方法の1つに、水道メーターの数字を観察することが挙げられます。どの家庭にもあるので、確認する時は水道の栓を閉めた状態で10分ほど数字を観察します。水を使わない間は変化がありませんが、使用していないにも関わらず数字が変化する場合には水漏れの可能性があります。後は少し大変ですが、家の中の分かる範囲で水道管にヒビが入っていたり破損がないかしらみつぶしに調べましょう。


■まとめ
水漏れの兆候が見られてもどこで起きているのか分からない、自分では直すことができないという場合、専門の業者によって調査や修理が必要になります。異変を感じたら大きな被害が出る前に早めに連絡することをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ