蛇口 交換で水漏れの修理

普段生活をしていると特に気にすることも少ないですが、いざ不具合が起きてみると水道設備というのは重要な場所だということに気付かされます。毎日使う水道ですが、その蛇口 交換の寿命は10年程度と言われています。トラブルを起こしにくいように、メーカーも様々な工夫をした商品を出していますが、油汚れや洗剤などで次第に劣化が進んでいきます。

■蛇口の経年劣化が原因の場合の修理

蛇口にはパッキンなどの細かい部品が使われており、使ううちに劣化がどんどん進んでいきます。排水口から嫌な臭いがするようになったり、排水が逆流してくるようになったら気をつけましょう。ひどい水漏れを起こすと床上浸水になるだけでなく、マンションなどの集合住宅では階下の部屋にまで被害が及ぶ可能性もあるため、早めの修理が必要です。気になる症状があったら、早めに業者に点検を依頼することをおすすめします。


■排水パイプからの水漏れが原因の場合

キッチンのシンクや洗面台の下を見ると排水パイプが通っているのがわかります。このパイプに異物や毎日使うことによる汚れが蓄積していくと水の流れが悪くなります。パイプ洗浄用の洗剤などを使ってこまめに掃除をしましょう。また、接合部が緩むことによっても水漏れが起こります。ナットやパッキンが緩んでいたら自分で締められるところは締めましょう。この時にきつく締めすぎないことがポイントです。



■まとめ
水漏れのトラブルは、パッキンの交換や、接続部分を締めなおすなど簡単なことであれば自分で対応できる場合もあります。しかし、あまりにも水漏れが酷い時や手に負えない場合には専門の修理業者を頼みましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ